スポンサードリンク

19歳少年が同い年の少年を刺して殺人未遂容疑で逮捕【非行 カウンセリング ひきこもり 相談】

この記事は1分で読めます

こんにちは。

 

福岡県で19際の少年が同い年の少年を刃物で刺して逮捕されました。

 

金銭トラブルからこうした事件に発展したとのことですが、改めて

 

【会話での問題解決力の低さ】

 

が浮き彫りになりましたね。

 

とは言え、現代の親世代もまた

 

【会話でのコミュニケーション力の低さ】

 

が課題となっています。

 

柔軟性がなく、自分の価値観を子供に押し付けたり、話し合いと言いながら結局のところ、子供をどう自分の都合の良いように

行動させるかにフォーカスを置いているので、そもそも話し合いにすらなっていない。

 

本来の話し合いは

 

【お互いの意見を出し合って妥協点を見つけていくこと】

 

なので、最初から論破しようとか否定しようという考えがある時点で円満には終わらない可能性がめちゃめちゃ高いというシンプルなことに気付かないでいるご家庭がほとんどです。

 

だからこその自分軸の構築や柔軟力、心の切り替えの短期化が更生にもとても大事になってきます。

 

現代はざっくり言うと

 

生きるために必死だった世代(祖父母)

  体裁にフォーカスを置いた世代(親)

  戦争を知らず体裁にも捕われない世代(子供)

 

この3種類の価値観が家庭内にあるわけですので、自分の価値観や考えに捕われている限り、家族ですらしっかりとした信頼関係を築けなくなっていくわけです。

 

命の尊さの教え方も時代に合わせて変えていく必要がありますので、今一度ご自身の考えを整理していただけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 08.21

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

プロフィール


はじめまして。
元警察官で現在は成人非行更生を
専門としたカウンセラーをしている
内藤佑と申します。

プロフィール詳細

スポンサードリンク

Youtubeチャンネル