スポンサードリンク

『想い』が《重い》になっていませんか?【子供 非行 ひきこもり】

この記事は2分で読めます

おはようございます!

 

3月の平日もラストですね・・・早い!!

 

私は毎日手帳とは別に日誌を書いているのですが、書く項目に

 

・今日の一言

・必ずやること~5つ

・仕事面で良かった点

・自分に対してのエールのメッセージ

・今日の中で仕事や人間関係での気付きや学び

 

これらをタイムスケジュールと一緒にA4の紙に書くようにしています。

 

1日1日のタスク管理や自分への励ましや労いを書くことでしっかりと自分自身との信頼関係を築けるので、一つの参考にしていただけましたら幸いです。

 

テーマに書いた

 

《あなたの子供に対する【想い】が『重い』になっていませんか?》

 

という質問・・・あなたはどうですかね?

 

過干渉や過保護のご家庭はなおさら考えた方が良いことです。

 

私で例えれば、父が他界して会社をたたまざるを得なくなり、母親がパートになってからはよく周りの大人から

 

「早くお母さんを安心させてあげなよ!」

「立派な大人になりなさい』

『安定した仕事に就きなよ』

『早く結婚して親孝行しな』

 

などなど、言っていた大人は善意で相手(私というか母)の為に言っていたのでしょうが、これら全て当時の私のプレッシャーでもあり、何一つ前向きに受け取った思い出はありません。

 

嫌で嫌で仕方なかったですね正直。

 

「自分の生きたいように生きてはダメ」、「お母さんを困らせる生き方は親不孝だ」遠回しにそうしたメッセージが受け手には伝わることもあるわけです。

 

あなたの想いは・・・誰の為ですか?

本当に子供のためなんですか?

 

あなたの想いが子供に響かないのであれば、それは・・・そういう事だと思いますよ。

 

日々の出来事は光でもあり、闇でもあります。

人は優しくもあり残酷でもあります。

物事は2つの考え方が基本です。

 

人体を見てもそうじゃないですか?

 

右脳と左脳

右心房(室)と左心房(室)

動脈と静脈

右肺と左肺

交感神経と副交感神経

右目と左目

右耳と左耳・・・etc

 

感情も

 

ネガティブとポジティブ

 

両方に気付きと学びがあるじゃないですか?

 

人はポジティブだけでも上手くいきませんし、ネガティブだけでもアウトです。

 

言葉の意味や受け手の捉え方もお互いの心の状態や性格で全く別の側面が顔を出して、人間関係に影を落としたり、光を差したりします!

 

これだから・・・面白いですよね(^^)

 

私はそう思って生きています。

 

だからこの分野の仕事が楽しいですし、やりがいを感じます!

 

そんな感じで今日もあなたに考えていただきたいことが頭を過ったので、殴り書きみたいに打ち込みましたが、届く方には届くと思うので参考にしてください。

 

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 04.06

    テスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

プロフィール


はじめまして。
元警察官で現在は成人非行更生を
専門としたカウンセラーをしている
内藤佑と申します。

プロフィール詳細

スポンサードリンク

Youtubeチャンネル