スポンサードリンク

地道にコツコツいかないと本当の非行更生はない【非行 子供 相談】

この記事は4分で読めます

『手元に無いモノばっか見るなよ!』

 

これは私がある非行少年に投げかけた言葉です。

 

詳細は読み進めてください。

 

人間は誰もが

 

 【楽をして短期間で快を得たい生き物】

 

ですよね!

 

ただ、そんなうまい話は・・・基本ないです。

 

去年のGW明けに、元同僚から

 

 『この悪徳業者と一緒にされないようにね』

 

というメールと一緒に報道記事が・・・

 

『元警部のひきこもり支援センターの悪行』

 

業界では大手で有名な会社の出来事だったのですが、要約すると

 

・部屋にいきなり複数で入り高圧的な言動で連れ出す
 ・施設の部屋に内カギをして出さない
 ・90日で570万円の請求
 ・実際にはサポートなし
 ・同社を相手取り1700万円を求める訴訟

などという報道内容でした。

 

これが真実であれば確かに悪徳。

 

ただ、忘れてはいけないことは、そもそも

 

『正しい方法でコツコツやらないと継続的な更生はない』

 

ということです。

 

親子関係が崩れ始めて、あるいはひきこもりになって【90日以内】であれば、同じ期間で更生する可能性はありますが、そうでない場合は

 

『ひきこもりや非行にはしっていた期間分以上にだけ時間がかかる』

 

というシンプルなことを知っておくことも重要ですよね。

 

短期的なダイエットもリバウンドしやすいですし、一夜漬けなどの短期間で覚えた内容もすぐ忘れませんか?

 

人間関係も同じです。

 

どんなことでも

 

『正しい方法で地道にコツコツが最短で確実』

 

ですからね。

 

こういうことを親は子育ての時に子供に言っていませんか?

 

というか上記会社の更生方法が真実なのであれば、時代に合っていないですし、高圧的や暴力的な接し方は

 

【言語能力や表現力が乏しい】

 

ということを露呈するだけなので、同業者としても不快ですね。。。。

 

そんな出来事があったので、今朝は仕事絡みの情報ですが、視点を変えれば参考になるかと思いますし、コツコツと信頼関係を築いてきたからこその出来事なのでシェアします。

 

以前、窃盗、恐喝、暴行、傷害、ドラッグ、公務執行妨害、建造物侵入、暴走行為・・・数々の犯罪を繰り返して逮捕された中卒の17歳のクライアントの少年がいました。

 

少年院から出所して直ぐに私に電話があり

 

『内藤さん、俺そろそろ更生したくて、今から高校に行って進学しよう思うんだけど』

 

などという相談内容でした。

 

こういう風に相談されたら、あなたはどんなアドバイスをしますか?

 「良いじゃん!お前ならできるよ(^^)/」

 「勉強は重要だから頑張れよ」

 

などと声を掛けますか?

 

私はシンプルに考えて、中卒でまともに勉強したことがない彼が【本心から】前向きに学業に励むようには感じられなかったので

 

『そうなんだ!それって〇〇が本当にやりたいことなの?』

 『それとも親に申し訳ないから進学するの?』

 『更生するための選択肢がそれしかないと思っているの?』

 

など、いくつか投げかけました。

以下、私と少年とのやり取りです。

 

少年:『勉強は好きじゃないし、自信もないすけど・・・』

  私:『〇〇の中での勉強って何?』

 少年:『国、数、理、社、英・・・』

  私:『そっか!じゃあ〇〇がこれまでの人生で学んで得たモノは何がある?』

 少年:『俺勉強嫌いだし、続かないし・・・』

 

との返答。。。これ分かります?

 

『【勉強すること】に対しての視野が狭い』

 

ってことなんす。

 

なので、私は

『勉強ってさー、自分の分かることと分からないことを整理して、≪分からないことを分かるに変える≫ことだよね?』

 

と伝えて、続けて

 

『〇〇がこれまでに≪分からないを分かるに変えたもの≫って何がある?』

 

と聴くと・・・困惑顔(;´・ω・)

 

以下、私と少年のやり取り

 

私:『最初から短時間でバイク盗めたの?、初めからバイク改造できたの?』

 少年:『出来ませんでした』
 私:『じゃあ最初は盗むまで何分かかった?』

 少年:『1時間くらい』

 私:『二回目は』

 少年:『40分くらい』

 私:『1回目から2回目の間に何して短縮できたの?』

 少年:『先輩に聴いたり、ネットで調べたり、自分のバイクで練習しました』

 私:『てことは?』

 少年:『え?』

 私:『さっきの俺が言った勉強の定義で俺なんつった?』

 少年:『分かると分からないを整理して、分からないを分かるに変える』

 私:『それしてるじゃん?』

 少年:『・・・あ!そういうことですか?』

 私:『勉強してきてんだよ〇〇もさ!だから「勉強できないは嘘になるわけさ」』

 少年:『確かに!・・・けどこれって何に活かせるんですか?』

 私:『そのスキルで人から感謝された時ってどんな時?』

 少年:『代わりにバイクを盗んであげた時!』

 私:『それ以外は?』

 少年:『壊れたバイクを直してあげた時』

 私:『じゃあそれを仕事としている人の職業は?』

 少年:『・・・』

 私:『せ・・・い・・・び・・・』

 少年:『あ!整備士ですか?』

 私:『だね!既に秀でたスキルを勉強して会得してんじゃん?』

『〇〇が本心から高校に進学していきたいなら、それが正解だけど前向きに取り組めないなら

 

 ≪今ある手札でどうやって行動していくか?≫

 

っていう考え方も大切なんだよ!』

少年:『なんかすげー楽になりました!整備士やってみようかな!』

 

そんなセッション後に彼は整備士として働き始めて、さらに国家資格を取得して見事に正社員になって頑張っています(^^)/

 

更生した彼とは未だに飲みに行ったりしています!

 

もちろん今はちゃんと成人ですので(笑)

 

このクライアントの少年とのやり取りでシェアしたいことは

 

【主観だけでは見えない選択肢があるということ】

 

そしてもう一つ

 

≪無いもので勝負するんじゃなくて、既に今ある武器で勝負すること≫

 

これがメチャメチャ大切です。

 

あと、ここでポイントがあるのですが

 

 『自分が好きなこと』

 

に関しては

 

『愚直にコツコツ継続している』

 

という事実にも、ちゃんと目を向けるということです。

 

この少年にすべてを伝えて共有したら、これまでの過去のネガティブだと思い込んでいたことを見事に糧に切り替えました!!

 

クライアントさんが自分の力で一気に変わる瞬間を見られるのもプロコーチの醍醐味です(^^)

 

そんな感じで、地道にコツコツと築き上げた信頼関係があれば

 

【一気に変わる可能性は十分にある】

 

ので、どんなことでも初めは時間がかかってもコツコツと土台を築くことが大切です!

 

既に土台があるのであれば、ノウハウやテクニックを使っても結果は付いてくるので、そこのレベルまではしっかりと基礎作りをしていきましょう(^^)

 

明日は弊社が提携している学校の入学式でして、来賓として参加してきます!!

 

それではまた!

子供のことを相談する方はコチラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 04.13

    非行の対応②

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

プロフィール


はじめまして。
元警察官で現在は成人非行更生を
専門としたカウンセラーをしている
内藤佑と申します。

プロフィール詳細

スポンサードリンク

Youtubeチャンネル